7年ほど前に夫と付き合い始めた頃、初めて一緒にテレビを見た時の話。


1

この頃は字幕と音声両方つけてテレビを見たのですが、
その時に夫が

1.字幕と音声にズレがあること
2.字幕の遅れがあり、どの場面での字幕なのか分からなくなること

に気づきました。
更に、

3.そもそも音声で話していることが字幕に出ていないことがある

ことにも気づいたようで、それを私に話してきました。

私はこの時は、「字幕とは音声を要約しているもの」だと思っていて、
まさか省略されている部分がるなんて思わなかったのでびっくりしました・・。

もちろん、日本のテレビ事情で、

画面に表示できる字幕の文字数が決まっているため、
ある程度はやむを得ないのかもしれませんが
それでもどのくらい省略されているのか、私たち当事者には分からないので

「どのくらいの情報が字幕に出ているのか?」
「聞こえる人と同じくらいの量をちゃんともらえているのか?」

が判断できません。
それで不安になってしまいます。

話は変わって、それ以降、字幕について色々と調べる機会があったのですが。
その時にこんなことを知りました。

2


前から周りには何度も言っていますが。

日本はもうすでに先進国ではありません。
あらゆる面でだいぶ遅れをとっているのです。

何年か前までは、「これでも、日本は進んでいるのだ」と思っていたかもしれませんが
今はもうとっくにだいぶ遅れを取っているのだと思った方が良いと思います。

そして、この事実に、皆さんは気づく必要があること。
そのためには、もっと世界を見ること・・・・


これがすごく大事です。

もはや、日本の常識=世界の常識、ではないのです。

っと、話は大きくなりましたが。


もっともっと世界を見て、そのうえで日本の状況を現実的に見て考えていかないといけないですね。

そして、全ての日本人が同じ情報を平等に得られる社会を望みたいですね。

そのためには聞こえる人も聞こえない人も、

「字幕がないのは仕方ないでしょ」

ではなく、

字幕がないというのを自分の問題として考えていってもらえると嬉しいな、と思います。


それでは。


===============
ブログランキングに参加しています。
どちらでも良いので、クリックお願いします~
両方クリックでもOKです!
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

にほんブログ村への投票

絵日記ランキングへの投票

LINEスタンプ作ってます!こちらもよろしくね。
LINEスタンプ1 LINEスタンプ2

下のボタンをクリックすると、ブログを更新したらLINEに通知が届くようになります★
お知らせを受け取りたい方はぜひ!




スポンサーリンク