今回は、余談を挟みます。
今から7年前に初めて夫と出会った時、夫は

〇耳が聞こえない人と会うのは初めて
〇それまでも耳が聞こえない人への知識が全くなかった
〇会うのはいいがどうやって話すのか?すら分からなかった

状態で、自分で考えてiPod を使って話しかけてきてくれました。

ちなみに、私からは「筆談で良い」「筆談用具(ノート、ペン)は持っていく」ということは話してありました。
また当時は私もiPhone買ったばかりで、かつ、世の中もLINEがまだ出ていなかったころで、私自身もiPhoneを使って会話するということは思いつきませんでした。
なので逆にびっくりしたことを覚えています。

↑この時の話はコチラ


それについて、夫に聞いてみた話を余談として挟んでいます~。


1


気を付けてほしいのは、
今回の場合は「長時間筆談でやり取りする場合」のことです。

もちろん、
「紙に書いて筆談すること」が悪いと言ってるのではなく、
短時間の時や飲み会などの時、
またちょっとした筆談などの時は
紙に書くのでも良いと思うし
長時間の筆談でも紙だと楽しいこともあります。
例えば文字の合間にイラストを描いて
コミュニケーションを取ったりもできますしね!

その人その人に合ったやりやすい方法でやればいいと思っています。

ただ、夫の場合は長時間筆談することを考えると
すごく面倒で時間がかかるし、
自分の字も汚いからイヤだなという気持ちがあったようです。
それで自分で考えて、
ipodでもいいんじゃないか?と思ったそうです。

このように、自分が面倒、大変だ、と感じるなら、
それなら自分がやりやすい方法は何か?
もっと合理的で良い方法は他にもあるのではないか?というふうに考えて、それを行動に移し改善していくこと。

これは筆談だけでなく、社会のどんなケースにおいても同じことが言えるなと思ったのでした。


===============
ブログランキングに参加しています。
どちらでも良いので、クリックお願いします~
両方クリックでもOKです!
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

にほんブログ村への投票

絵日記ランキングへの投票

LINEスタンプ作ってます!こちらもよろしくね。
LINEスタンプ1 LINEスタンプ2

下のボタンをクリックすると、ブログを更新したらLINEに通知が届くようになります★
お知らせを受け取りたい方はぜひ!



スポンサーリンク